『人生フルーツ』

風が吹けば、枯葉が落ちる。

枯葉が落ちれば、土が肥える。

土が肥えれば、果実が実る。

こつこつ、ゆっくり。

人生、フルーツ

 

☆☆☆☆☆

 

『人生フルーツ』という映画を観てきました。『人生フルーツ』は、以下のような概要です。(『人生フルーツ』のHPから転用しています。)

 

☆☆☆☆☆

 

愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの一隅。雑木林に囲まれた一軒の平屋。それは建築家の津端修一さんが、師であるアントニン・レーモンドの自邸に倣って建てた家。四季折々、キッチンガーデンを彩る70種の野菜と50種の果実が、妻・英子さんの手で美味しいごちそうに変わります。刺繍や編み物から機織りまで、何でもこなす英子さん。

 

ふたりは、たがいの名を「さん付け」で呼び合います。長年連れ添った夫婦の暮らしは、細やかな気遣いと工夫に満ちていました。そう、「家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない」とは、モダニズムの巨匠ル・コルビュジエの言葉です。

 

かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきました。1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウンを計画。けれど、経済優先の時代はそれを許さず、完成したのは理想とはほど遠い無機質な大規模団地。

 

修一さんは、それまでの仕事から距離を置き、自ら手がけたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめましたーー。あれから50年、ふたりはコツコツ、ゆっくりと時をためてきました。そして、90歳になった修一さんに新たな仕事の依頼がやってきます。

 

本作は東海テレビドキュメンタリー劇場第10弾。ナレーションをつとめるのは女優・樹木希林。ふたりの来し方と暮らしから、この国がある時代に諦めてしまった本当の豊かさへの深い思索の旅が、ゆっくりとはじまります。

 

☆☆☆☆☆

 

『人生フルーツ』は、今年1月2日に封切されました。封切から8か月以上経っていますので、観客は少ないだろうと思っていました。しかし、平日の午前中にも関わらず、満席でした。静かなロングラン上映なのかもしれません。

 

津端さんご夫妻は、ご主人が街づくり構想をした高蔵寺ニュータウンの片隅に、300坪くらいの土地を買い、果樹などの雑木林と畑をつくります。雑木林からは、毎年たくさんの果実が実ります。そして、雑木林から落ちた葉は、畑の肥やしになり、野菜を育てます。

 

津端さんご夫妻は、自分の土地で収穫した果実や野菜を使って、スローライフのような生活をしていました。自然とともに生き、自然に体と心を委ねているような生き様です。私も、畑や果樹などを育てていますが、津端さんご夫妻の生活ぶりは、とても丁寧と言ってもいい。こつこつ、ゆっくり、そして、少しずつ歩んで行く。

 

人は、年齢とともに、自分の顔に責任を持った方がいいのかもしれません。津端さんご夫妻は、柔和な穏やかな顔をしていました。美しく年齢を重ねてきたのでしょう。津端さんご夫妻のように美しく歳を重ね、味わい深い顔になりたい。

『心を繰る寄生生物〜感情から文化・社会まで』(キャスリン・マコーリフ著)

『心を操る寄生生物〜感情から文化・社会まで」(キャスリン・マコーリフ著)という書籍があります。アマゾンのブックレビューを見たら、面白そうな感じです。アマゾンのブックレビューを元に、簡単にまとめてみました。

 

実際の書籍は読んでいませんので、書籍の内容と異なる箇所もあると思います。書籍を読んでいないのに、書籍の内容を掲載したり、紹介するのはおかしな話ですが、お許しください。

 

☆☆☆☆☆

 

ウイルス、細菌、原虫、寄生虫といった、いわゆる寄生生物は、人間の脳や腸内に棲みつくことがある。これらの寄生生物は、我々の体の健康を脅かすばかりでなく、精神にも甚大な影響を及ぼしている。

私たちが知らないうちに、寄生生物によって、私たちの性格や行動が影響され、マインド・コントロールされている。道徳、世界観、政治的立場、嫌悪感情、気分、体臭、人格、認知能力、空腹感、体重なども、我々の体に入り込んだ寄生生物にコントロールされることがある。

例えば、トキソプラズマ原虫は、ネズミ→ネコ→ヒトという経路で感染し、私たちの脳に棲みつく。トキソプラズマ原虫は、人間の気分や性格を変え、感染者が危険な行動に駆り立てられることが明らかになってきた。さらに、統合失調症との関わりも指摘されている。

全世界の人口の30%が脳にトキソプラズマを棲まわせている。トキソプラズマにはヒトの脳とネズミの脳の区別がつかないから、感染した人間は恐怖心や注意力が薄れ、交通事故に遭いやすくなる。

イヌからヒトの脳へ感染するトキソカラという回虫は、知的障害を起こすリスクがある。回虫の幼虫が、脳内の学習と記憶に関わる領域に集まり、影響を及ぼす。

☆☆☆☆☆

私は、自分が考えていることの多くは、自分で考えたものではない、と思っています。自分が考えていると思っていることの多くは、脳の反射のように、自動的に行われている可能性があります。

また、人間は、脳で考えるだけでなく、腸や皮膚などでも考えている、と思っています。しかし、寄生虫によって影響を受けているとは思ってもいませんでした。本当に、寄生虫が私たちの脳内に棲んでいて、私たちの感情などを左右しているのだったら、興味深い。私たちの感情や思考は、自分自身から湧き出したものとは限らないようです。

夏休みの宿題はいらない

夏休みも後半になってきました。夏休みと言えば、宿題を思い出されます。いつも、夏休みの後半になると、あせって宿題を済ませた記憶があります。

 

夏休みの宿題は、どの国でもあるのでしょうか。少し調べてみたら、夏休みの宿題がある国と宿題がない国があるようです。アメリカ、ロシア、フランス、オーストラリア、タイ、インドネシアなどは宿題がないようです。宿題がある国よりも、宿題がない国の方が多いようです。

 

私が学校関係者だったら、夏休みの宿題なんて出しません。せっかくの夏休みなのに、宿題に追われるなんて、馬鹿げたことです。休む時は休む、勉強する時は勉強する、というようにメリハリを付けた方がいい。

 

自分が嫌だと思ったことを、他の人にしてはいけないと思う。私は、夏休みの宿題が嫌だったから、私が先生になったら、夏休みの宿題を出すことはないでしょう。

 

夏休みに限らず、先生はなぜ宿題を出すのでしょうか。勉強だったら、授業中に終えればいいのに、と思います。

 

先生は宿題を出して、生徒は宿題を行う。宿題をしてこなかった生徒に対して、先生は怒ったりします。なぜ、先生は生徒を怒るのだろう。偉そうに生徒に接する先生は、先生失格だと思います。

 

生徒が宿題をしなかったり、勉強をしなくても、先生は困ることはありません。生徒は、勉強ができないと志望校に入れなかったりしますが、これはあくまで生徒の問題です。

 

先生が生徒を怒るのは、先生の方が偉くて、生徒は先生よりも下の立場だ、ということを意味しています。学校では、上下関係を厳しく教えている。

 

世界平和のためには、上下関係をなくすことが大切です。上下関係があると、支配者、支配される人に分けられ、それから争いが生じます。

 

先生も生徒も、同じ目線で、一緒に学んだらどうだろう。先生は、生徒よりも豊富な知識を持っていますから、それを生徒に教えればいい。世界平和のためにも、学校から上下関係をなくすといいと思う。

 

夏休みの宿題なんて反対だ。夏休みの宿題をなくす運動をしよう。全国の生徒が、夏休みの宿題をボイコットしよう。

 

年金はいらない

日本では、国民年金、厚生年金といった年金制度が導入されています。年金の未加入が問題になったりしていますが、最近は、年金の取り立てが厳しくなっている気がします。私の知り合いでも、長年未加入だった人が、最近加入しはじめているので、いろいろ煩いのかもしれませんね。

 

年金保険料を支払っても、年金がもらえるかどうかわからない、年金制度は破綻する、という意見があります。私は銀行よりも日本国の方が安全だと思うし、みんなに役立つことだったら喜んできちんと支払いたい。年間約20万円の税金だ、国民の義務だと思えば、気になりません。

 

日本では、生命保険に加入している人は、8割にも及ぶそうです。私には、生命保険に加入する、という考え方が理解できません。生命保険を勧誘されたことはありますが、検討したことすらありません。生命保険に加入して国民年金を支払っていない人がいますが、国民年金の方が安心で確実な気がします。

 

65歳から年金がもらえるって、ものすごく不思議な感じがします。私も、あと10年ちょっとで、年金がもらえます。65歳で年金生活というのは、早すぎる。

 

年金の支給年齢を上げる動きがありますが、私は賛成です。年金受給の年齢は、75歳とか80歳くらいがちょうどいい気がします。75歳、80歳になっても元気に働ける人は、年金をもらわなくてもいいと思います。

 

そもそも、年金を当てにして人生設計をしていいのだろうか。国や政治に期待して生きるのは、止めた方がいい。年金制度が破綻しても、困らないように考えた方がいいと思います。

 

私は、年金保険料を支払っていますが、年金の受給は当てにしていません。年金なんて、いらない。年金がもらえなくても、大丈夫なようにしたい。

 

国民年金の場合、年金をもらえるとしても、1ヶ月6万5千円くらいです。(40年、年金保険料を収めた場合)持ち家だったら、1ヶ月6万5千円でも生活できますが、もっとお金が使えた方がいい。

 

年金生活者って、つまらない気がします。年金生活者は、働かなくても食べていけるから、日々なんとなく生きているようなイメージがあります。これは、私が勝手に想像しているだけかもしれませんが。

 

人生に退職はない。輝きを失わない人生でありたいと思う。

 

自然の中へ行こう

私が住んでいる森では、沢山のセミや鳥たちがが大合唱しています。夜になると、虫たちの鳴き声が響き渡ります。普段は何気なく聞いているのですが、冷静に聞いてみると、ものすごく大きな音量です。

 

近所で大勢の人が大声で話したり、大きな工場があってガンガン音を鳴らしたり、ひっきりなしに車が通るような大音量です。隣の家から、こんなに大きな音がしたら、間違いなく苦情を言いに行くでしょう。それなのに、自然の音は、不思議と気になりません。

 

今のように、人間が都市、都会に住むようになったのは、つい最近のことです。昔の人は、自然に囲まれたところに住んでいました。人間が誕生して以来、ずっと自然の音の中で暮らして来た、と言っても過言でないと思います。

 

こういう自然の音は、私たちの遺伝子に組み込まれているのかもしれません。そうだとしたら、都会に住んでいる人は、できる限り自然が豊富にあるところへ行くといい。

 

夏休みになると、海、川、山など自然が豊かな場所に行く人が多いと思います。これは、人間の本能的なものかもしれません。

 

私も夏になると、海へ行って海水浴、シュノーケリングを楽しみます。生物は海から誕生した、と言われています。そのせいか、海へ入るのは気持ちがいい。森の中に住み、海へも行けるところに住むことができて、嬉しい。

 

日本は、どこに住んでいても、山も海も近い。日本人は、山も海も当たり前に存在するように思っているかもしれませんが、山も海も近い国は、ほとんどありません。たいていは、海か山のどちらか一方だけです。

 

ヨーロッパへ行くと、湖や川の辺りでバカンス、日光浴をしている人が沢山います。どこの民族でも、自然が好きなんだなと思います。

 

自然と接することで、良いことが、もう一つあります。それは、肉体的な感覚を味えることだと思います。

 

都会に住んでいると、頭ばかり使っていて、肉体の感覚を使うことは少ない。肉体には、いろいろな感覚があるはずなのに、それを使っていないと思う。

 

今の人は、頭を使いすぎ。もっと肉体的な感覚を思い出すべきです。そうすれば、五感が研ぎ澄まされる、というより、蘇る気がする。

 

都会の喧騒を離れて、自然の中でゆったりと虫の声、鳥の鳴き声を聞いてみよう。海や川へ入り肉体の感覚を呼び戻してみよう。ゆるやかな時間の中に身を置きながら、自然と一体化した生き方もいいものです。