1万人に一人になる

日本に一人しかいない存在、世界に一人しかいない存在、いや宇宙に一人しかいない存在を目指してみよう。この分野だけは、他の人には負けないというものをつくる。これは、ものすごくニッチなことでもいい。

 

アイスを例にします。コンビニのアイスのことだったら何でも知っている、ファミレスのアイスのことだったら何でも知っている、ご当地アイスのことだったら何でも知っている、駅のコンコースで売っているアイスについては何でも知っている、サーティワンのアイスについては何でも知っている・・・

 

何でもいいですが、一つのことにものすごく詳しいと、その人の話を聞きたくなります。夢中になって話をしている人の話を聞くのは面白い。

 

オンリーワンになれないならば、とりあえず1万人に一人のものをつくってみよう。ただ、1万人に一人というのは、意外と人数が多い。日本は、1億2千万人くらいの人口ですから、1万人に一人の人材は、1万2千人もいます。

 

他の人より、ずば抜けた才能がない人は、多種の才能を使う、という方法があります。多種の才能を使うと、1万人に一人、あるいは、それ以上の人材になれるかもしれません。

 

例えば、百人に一人という才能を持っているとします。百人に一人という才能は、優れたものですが、ややインパクトに欠けます。

 

そういう時は、もう一つ、百人に一人の才能をつくるのです。そうなると、100×100=1万人に一人の才能になります。単純に、100×100にならないかもしれませんが、1千人に一人の人材にはなるでしょう。

 

私には、あまり能力がない、と言う人は、十人に一人の才能を沢山探してみましょう。そうすれば、10×10×10×10×10・・・というように、どんどん個性が出てきます。

 

合わせ技一本、という感じですね。中途半端な才能しか持っていない人は、合わせ技を使うのも良い方法です。

 

百人いたら一人しかやらないことをする。他の人と違うことをする。これは、一つの訓練でも、身につけられるかもしれません。いつも、他の人と違うことをしていると、個性がもっと強く発揮されると思います。

オンリーワンになる

日本人は、他の人と同じことをしたがる傾向があります。「みんなと同じ」だと、なんとなく安心したりします。

 

こういう「みんなと同じがいい」という概念は取り去るべきだと思います。「みんなと同じ」だと、安心感がありますが、進歩がないし、個性的でない。人間として生を受けたのだから、少しでも進歩した方がいいし、個性的でないといけないと思う。

 

人生には、様々な選択肢がありますが、多くの人は、大多数の方を選ぶ傾向があります。みんなが学校へ行っているから私も学校へ行く、みんなが就職しているから私も就職する、面接の時みんながリクルートスーツを着るから私もリクルートスーツを着る・・・・

 

もちろん、中には大多数に合わせた方がいいものもあります。例えば、洗濯機を使っている人が大多数だからと言って、洗濯機を使わないという選択は考えものです。(洗濯機を使わない選択が悪いわけではありません。)

 

しかし、少数派を選んだ方が面白い人生になると思います。選択で迷ったら少数派になってみよう。

 

テレビで見たことはないのですが、最近、ナスDさんが人気になっているようです。ナスDさんは、アマゾンなどへ行って原住民の飛び込み取材をして、原住民に出されたものを何でも食べるそうです。

 

ナスDさんは、極めて稀な少数派です。日本で、ナスDさんのような人は、たった一人だと思います。

 

常に少数派を選んでいると、オンリーワンの人になるかもしれません。日本人の中で、こういうことをしているのは私一人、こんな職業をしているのは私一人、こんな趣味を持っているのは私一人・・・。とにかく、オンリーワンのものをつくる。

 

人は、それぞれ違う生き物ですから、すべての人は、他の人にはない、オンリーワンな生き方ができるはずです。もっと個性的に、オンリーワン的に生きてみようと思う。

自然塩は良いか悪いか

「苦汁を含んだ自然塩が良い」と主張する人が多くいます。一方では、「自然塩は良くない」と主張している人もいます。

 

岡山関羽さんが Facebookで「苦汁分を含む自然塩は、恐ろしい!」という記事を投稿していました。以下は、私が抜粋、編集、校正したものであり、岡山さんの主旨と異なる箇所があると思います。詳しくは、岡山さんのFacebookを読んでください。

 

⭐⭐⭐⭐⭐

 

外国では岩塩が主流ですが、岩塩の無い日本では、塩は海水を乾燥させて造っていました。

 

水を乾燥させた後には、必ず、カマスと呼ばれる通気性のある袋の中に塩を入れて、天井から吊るしていました。苦汁分を分離する為です。

 

塩の中に含まれている苦汁分(ニガリ)は重いので、袋の隙間から下にポテポテと落ちていきます。天井から吊り下げて置く事で、時間をかけて、苦汁分(ニガリ)を分離していたのです。

 

苦汁分(ニガリ)は、蛋白質を凝固させる働きがあります。蛋白質で構成されている人体に苦汁分(ニガリ)は作用してしまうのです。

 

苦汁分(ニガリ)を含んだ塩を食べていると、まず最初に、腎臓が硬化してきます。【腎硬化症】

 

昭和47年「塩業近代化臨海措置法」が制定され、塩作りの方法が流下式塩田法からイオン交換樹脂膜製法に変わりました。その理由の一つが、【自然塩に含まれる苦汁分は、人体に有害な働きをする。】という事でした。

 

塩作りの大家と呼ばれて、塩作りの指導者であった西本友康先生が生きておられた時には、苦汁分を含んだ塩が良いという人はいませんでした。

 

昔から、「海水を絶対に飲んではいけない!」とか、「海水を料理に使ってはいけない!」と言い伝えられていました。我々の先祖たちは、苦汁分が“人体に有害である!”という事を、体験的に知っていたのです。

 

カマスの下に落ちた苦汁分は、大豆に交ぜて豆腐を作って食べました。

 

豆腐の場合、苦汁分が豆腐の蛋白質に作用する為に大豆蛋白が固まって、豆腐ができるのです。豆腐は、苦汁分が働いてしまった結果ですから、それ以上に凝固作用はしません。豆腐を食べても人間の蛋白質には、苦汁分の作用は一切ありません。

 

料理とか漬物などには、カマスの中に残った苦汁分を含まない塩を使っていたのです。

 

⭐⭐⭐⭐⭐

 

一方では、苦汁は体に害がない、という考え方もあります。このような考え方の人は、以下のような感じで主張しているようです。

 

人間の内臓の平均体温は37.2〜38度であり、ニガリを摂取しても固まらない。

 

マグネシウムの余分なものは、腸で吸収されるため大量のマグネシウムが腎臓や肝臓にはいかない。

 

マグネシウムの1日の必要量は約300mgと多い。しかし、近年ではミネラルを多く含んだ食材でも加工品となり、減少してしまっている。

 

自然塩の塩化ナトリウム以外の成分は、たったの1%〜15%程度しかない。

 

私は、苦汁分を含まない塩を使っています。岡山さんが勧めている塩は、「蒙古の塩・天外天塩」のようです。

『はじめて考えるときのように』(野矢茂樹著)

哲学の本を読むことがありますが、だいたいは難しくて、わかったような、わからないような気分になります。わかりやすい哲学の本がないかと思い、見つけたのが『はじめて考えるときのように』(野矢茂樹著)です。

 

野矢さんの書籍は、以前も読んだことがありますが、あまり記憶がありません。読解できなかったのだと思います。

 

しかし、この本は、中学生でもわかるような文章で書かれています。「考えることを考える」という内容ですが、わかったような、わからないような。(笑)最後の方に、まとめが書いてありましたので、ここを繰り返して読んでみました。

 

東大の教養課程には、野矢茂樹さんの「座禅」という名物授業があるそうです。週に1度、90分間ただ「座っている」だけの授業で、野矢さんは「ただ座るように」とだけ指示をするだけで、全く何も教えてくれないそうです。

 

この書籍の序文を下記します。「考えるということ、それは余白の運動です」という文章がいいですね。哲学者は、詩人でもあるのかもしれません。

 

☆☆☆☆☆

 

招待状

 

あれこれ、考えなくちゃいけない。

でも、うまく考えられない。

だいたい、考えることって、何をすることなんだろう。

よくわからない。

 

考えることを考える。

 

見えているものを見ているだけでは、考えることはできない。考えるということ、それは余白の運動です。どうか、この本の余白へと手をのばして下さい。

考えることについて考えたことばと、考えるまなざしでとらえた景色が、ふたすじの小川のように同時に進行して、この本の余白をかたどっています。

そこに、あなたの考えを忍ばせてほしいのです。そうしてあなたのことばと、あなたのまなざしとが、考えるということに彩られ、もう一度あらたな風景に出会う一歩を踏み出せるかもしれない。

 

そんな眺めに、ご招待します。

 

ひとりの哲学者と、ひとりの絵描きより

健康に良さそうな靴(五本指の靴・MBT・イージートーン)

私は、靴フェチ。外出することが少ないのに、毎年何足か靴を買います。履いていない靴が沢山ある。(笑)

 

いろいろな履物がありますが、一番好きなのは下駄。その次は、地下足袋です。地下足袋は、農作業の時履いています。今は、街歩き用のおしゃれな地下足袋も売っていますから、これもいいかもです。

 

今回、紹介する靴は履いたことがないですが、今度買って試してみたいと思っているものです。

 

五本指の靴

 

 

これは、ベアフットインクジャパンが販売している「ビブラム」(Vibram)というブランドの靴です。(ほかのメーカーでも、五本指の靴を売っています。)

 

いつもランニングをしている人が、この靴を履いたら、翌日激痛が走り、1週間くらい歩けなくなったそうです。原因は、普段使わない「ふくらはぎ」の上の部分を刺激するため、筋肉痛になりやすいそうです。

 

MBT

 

これは、MBTという靴です。靴底が、普通の靴と違うことが特徴です。

 

靴底は厚いですが、指で押すと凹むような柔らかい素材でできているようです。踵が潰れてしまうので不安定な感じがし、柔らかいゴムの上を歩いているような感覚だそうです。このことにより、従来の歩行では使われなかった筋肉が使われ、疲れない歩行になるらしい。

 

イージートーン

 

リーボックで販売している「イージートーン」という商品です。

 

砂の上やクッションの上に立ったような不安定さを作り出し、履いているだけでシェイプアップが可能なスニーカーと言われています。実際に歩いてみると、マットレスの上を歩いているような感覚で、砂浜のような沈み込む感覚があるようです。