砂浴

以前、海へ行って2時間くらい空を見上げていた、という話を書きました。この時、何をしていたかと言うと、「砂浴」です。

砂浴は、海水浴場へ行き、人が埋まるくらいの穴を掘り、そこに寝転んで砂をかけます。2時間くらい寝ていると、ものすごく毒素が出るらしい。最高のデトックスだ、と言う人もいます。

私は、1回砂浴をしたら、全身にブツブツができました。こんなことは初めての体験です。砂浴で毒が排出されたのでしょう。

砂浴すると、気持ちが良くなり、体が軽くなります。とてもお勧めの健康法ですので、興味がある人は、試してみてくださいね。

以下は、東城百合子さんの著書から、砂浴について書かれている箇所を一部抜粋しました。これ以外にも、もっと詳しく書かれています。

☆☆☆☆☆

砂の中に首だけ出して、ただ入っているだけで、猛烈な毒素が出てすばらしい効果をもたらすのが砂療法です。夏になったら是非なさることをおすすめします。

公害の毒下しには玄米食と共にこの砂浴をする事が何よりの方法で自然の力を体が教えてくれます。砂の中に二時間位入っているとものすごくくさいガスを発散します。これは少人数の場合わかりませんが五〇〜六〇人もの大勢の人だと、砂をかけて手伝っている人はこのガスを吸って頭が痛くなってきます。しかし頭痛は砂の中に入ると治ります。それだけ毒素がガス体となって出ます。

入る時間は長い程よく、朝八時頃から夕方四時頃まで八時間位入ると、相当の効果があります。

ビーチパラソルやテントのような日よけをしますと楽に入れます。暑いと砂が焼けてくるし、よほど日やけをしっかりしないと、顔も日にやけて日ぶくれなど出したり日射病になったりします。

入り方は自分の体の厚みより少し少し深く掘って頭の方を高くして、お尻のあたるところを少し深く掘って足をまげて開き、手は脇にまげてゆったりとおいて砂をかけますと楽です。長く入っていますから窮屈だとあとで手足が疲れたり、しびれたりしますから、はじめの姿勢が大事です。

入る時は女性ならなるべく肌を砂に直接つけられるようにビキニスタイルの木綿の水着がよく、男性は褌一本でします。一番よいのは素裸で入るのが効果もそれだけ大きいのです。誰か世話係がいてくれれば裸で入った方がよいのです。

初めての方は、入っているうちにそちこちかゆくなってきて苦しくなります。これは、砂が毒素を吸い出そうとして新陳代謝は猛然とよくなりますが、皮膚の排気口は態勢が出来ていないので毒素を出しきれません。

内部からは出そうとして働きかけるので苦しくなってゴソゴソ動きはじめますから、だんだん砂から浮き上がってしまい手足が飛び出してきます。誰かいれば砂をかけてもらえますが、一人の場合は自分でします。病気をもっている人など一日中つらいようです。健康な人はスムーズに毒素が出てくれるので気持ちよく眠ります。砂の中は真夏の気温が三〇度位の時でも春の如く丁度よい温度で気持よい。

(『自然療法』東城百合子著)