ヤーキース・ドットソンの法則

5月から、その日に思い付いたことなどをブログに書いています。毎日続けられる自信はありませんが、ほぼ毎日書いていこうと思っています。

 

今は、隔離されたような所に住んでいるせいもあって、人と会わないし、誰かと連絡を取ることもない。会社も営業していないような状況なので、考えることもない。

 

ちょっとくらい考えることがあってもいいのではないか、悩みがあってもいいのではないか、と思います。しかし、悩みは今のところ、何もありません。そこで、ちょっと考えることをしようと思いました。

 

人間は、頭と体に対して、負荷をかけないよりも、少しの負荷をかけた方がより良いようです。体も、家にばかりいたり、寝転んでばかりいると、弱ってきます。頭も、考えることがないと、老化してくるかもしれません。これは、以下のようなヤーキースとドットソンの実験でも導かれています。

 

心理学者のロバート・ヤーキースとJ・D・ドットソンは、ネズミを用いた実験で、学習やパフォーマンスに関する法則を発見しました。


ネズミに黒と白の目印を区別するように訓練し、区別を間違えた時には、電気ショックを流しました。電気ショックの程度は、強弱を変えて設定します。その結果、電気ショックの程度が強まるに従って正答率が増す。しかし、最適な強さを上回ると正答率が低下しました。

 

つまり、電気ショックの程度が適度な時にネズミは最も早く区別を学習する。逆に、電気ショックが弱すぎたり強すぎたりすると、学習に支障が出ることがわかりました。


人間も、ネズミと同じように、ストレスやモチベーションといった刺激や覚醒状態が適度にある時にパフォーマンスは最も高くなります。刺激や覚醒状態が極端に低い、あるいは高い時には、パフォーマンスは低下すると考えられるようになりました。

 

つまり、ハイパフォーマンスの実現には、適度な刺激や覚醒状態が必要です。この法則を「ヤーキース・ドットソンの法則」と言います。


適度な刺激や覚醒状態がどの程度なのかは、行う内容の難易度によって変わります。課題が易しい場合は、高い刺激や覚醒状態で臨む方が良い。課題が難しい場合は、刺激や覚醒状態が低い状態、いわゆるリラックスした状態で臨む方がパフォーマンスを発揮しやすい、と言われています。