良心の叫び声(ハイデガー)

マルティン・ハイデガーは、ドイツの哲学者です。著書の中では、『存在と時間』が有名です。この『存在と時間』の中で、ハイデガーは、人の死について、考察しています。

 

これについて、本などを読んで簡単にまとめてみました。哲学って、よくわからないので、適当です。(笑)間違っている箇所も、多くあるかもしれません。あしからず、ご了承ください。

 

☆☆☆☆☆

 

ハイデガーは、人間を「現存在」、「現存在」の世の中でのあり方を「世界内存在」と表現しました。

 

「世界内存在」とは、世界の中で他者や者に 「配慮」「関心」「気づかい」(「ゾルゲ」と言う)しながら生きている存在を示しています。周りを気にしたり、興味を持ったり、関心を寄せたりすることです。

 

人間は、このような「配慮」「関心」「気づかい」のようなゾルゲにまみれて生きています。このようなゾルゲにまみれて生きている状態を、ハイデガーは「頽落(たいらく)」と呼びました。

 

ハイデガーは、ゾルゲを「死への不安」からくる気晴らしと捉えました。気晴らしをすることにより、本来あるべき人間から頽落した人間を、「人 ( ダス・マン)」 と呼びます。すなわち、主体性のない、没個性的な曖昧な物のような存在です。

 

「人(ダス・マン) 」を時々襲うのが「不安」 です。人は、不安によって死の恐怖を隠蔽していたことを悟ります。

 

しかし、現存在は、死の可能性を持っています。この死の可能性に気がつくことにより、ゾルゲにまみれた状態から解き放たれることができるかもしれません。これは、「死への絶望」ではなく、「死への自由」です。

 

人間の存在の可能性を狭めていることを止めて、可能性の限界まで広げて生きるためには、「死を自覚」することが必要です。この時、訪れるのは、「良心の叫び声」です。良心の声を聞いて、自分本来の姿へ立ち返るのです。

 

この「良心」とは、人間の心を魅惑するものであり、自分にとっての可能性に気づく、ということでもあります。

 

死を自覚することに、自分本来の姿、本当の関心や欲望がわかってきます。死を不安に感じるのではなく、死によって生を躍動させることができる、とハイデガーは考えたのでした。