パスカルの賭け

パスカルは、神への信仰を賭けに例えました。

 

☆☆☆☆☆

「神は存在するか、しないか。きみはどちらに賭ける?

いや、どちらかを選べということがまちがっている。正しいのは賭けないことだ。

そう。だが、賭けなければならない。君は船に乗り込んでいるのだから。」

 

すでにこの世に生きている以上、この勝負を降りることはできない。賭けないということ自体が、結果的に一つの選択となるからだ。

 

賭け金は自分の人生である。神が存在するという方に賭けたとしよう。勝てば君は永遠の生命と無限に続く喜びを得ることになる。しかも、君の人生は意味あるものとなるだろう。賭けに負けたとしても、失うものは何もない。

 

反対に、神は存在しないという方に賭けたとしよう。その場合、たとえ賭けに勝っても、君の儲けは現世の幸福だけである。死後は虚無とみなすわけだから、そこで得るものは何もない。逆に負けたとき、損失はあまりに大きい。来世の幸福をすべて失うことになるからである。

(『パンセ』パスカル著)

☆☆☆☆☆

 

これは、いわゆる「思考実験」のようなものです。神の存在と賭けには、4つのパターンが考えられます。

 

1 神は存在する。神が存在する方に賭ける。     

2 神は存在する。神が存在しない方に賭ける。

3 神は存在しない。神が存在する方に賭ける。

4 神は存在しない。神が存在しない方に賭ける。

 

1は、信仰による安らぎを得られるとともに、神からの恩寵も受けられます。これは、一番ラッキーですね。

 

2は、信仰による安らぎもないし、神からの恩寵も受けられません。さらには、永遠の業火に焼かれるかもしれません。

 

3は、神の恩寵は受けられませんが、信仰による安らぎを得ることができます。

 

4は、信仰による安らぎはありません。神が存在しないのだから、神からの恩寵も受けられませんし、罰を受けることもありません。

 

とりあえず、神の存在を信じていた方が良い、神の存在を信じることによる損失はない、という結論になると思います。しかし、この話には、いろいろ問題点がありそうです。

 

損得勘定で、神を信じる、信じない、を決めていいのでしょうか。これは、損得勘定で生きてもいいか、悪いか、という問題にもなります。

 

この話は、暗に「人間は神の恩寵によって救われる」という意味も込められています。キリスト教の神への信仰を促すような話です。

 

こういうことを考えると、このような「思考実験」のテーマそのものが間違っているのかもしれません。