『人生フルーツ』

風が吹けば、枯葉が落ちる。

枯葉が落ちれば、土が肥える。

土が肥えれば、果実が実る。

こつこつ、ゆっくり。

人生、フルーツ

 

☆☆☆☆☆

 

『人生フルーツ』という映画を観てきました。『人生フルーツ』は、以下のような概要です。(『人生フルーツ』のHPから転用しています。)

 

☆☆☆☆☆

 

愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの一隅。雑木林に囲まれた一軒の平屋。それは建築家の津端修一さんが、師であるアントニン・レーモンドの自邸に倣って建てた家。四季折々、キッチンガーデンを彩る70種の野菜と50種の果実が、妻・英子さんの手で美味しいごちそうに変わります。刺繍や編み物から機織りまで、何でもこなす英子さん。

 

ふたりは、たがいの名を「さん付け」で呼び合います。長年連れ添った夫婦の暮らしは、細やかな気遣いと工夫に満ちていました。そう、「家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない」とは、モダニズムの巨匠ル・コルビュジエの言葉です。

 

かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきました。1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウンを計画。けれど、経済優先の時代はそれを許さず、完成したのは理想とはほど遠い無機質な大規模団地。

 

修一さんは、それまでの仕事から距離を置き、自ら手がけたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめましたーー。あれから50年、ふたりはコツコツ、ゆっくりと時をためてきました。そして、90歳になった修一さんに新たな仕事の依頼がやってきます。

 

本作は東海テレビドキュメンタリー劇場第10弾。ナレーションをつとめるのは女優・樹木希林。ふたりの来し方と暮らしから、この国がある時代に諦めてしまった本当の豊かさへの深い思索の旅が、ゆっくりとはじまります。

 

☆☆☆☆☆

 

『人生フルーツ』は、今年1月2日に封切されました。封切から8か月以上経っていますので、観客は少ないだろうと思っていました。しかし、平日の午前中にも関わらず、満席でした。静かなロングラン上映なのかもしれません。

 

津端さんご夫妻は、ご主人が街づくり構想をした高蔵寺ニュータウンの片隅に、300坪くらいの土地を買い、果樹などの雑木林と畑をつくります。雑木林からは、毎年たくさんの果実が実ります。そして、雑木林から落ちた葉は、畑の肥やしになり、野菜を育てます。

 

津端さんご夫妻は、自分の土地で収穫した果実や野菜を使って、スローライフのような生活をしていました。自然とともに生き、自然に体と心を委ねているような生き様です。私も、畑や果樹などを育てていますが、津端さんご夫妻の生活ぶりは、とても丁寧と言ってもいい。こつこつ、ゆっくり、そして、少しずつ歩んで行く。

 

人は、年齢とともに、自分の顔に責任を持った方がいいのかもしれません。津端さんご夫妻は、柔和な穏やかな顔をしていました。美しく年齢を重ねてきたのでしょう。津端さんご夫妻のように美しく歳を重ね、味わい深い顔になりたい。

1