オートマチックな脳の習慣

心配性の人って結構います。例えば、子供が大学受験に落ちたらどうしよう、と心配する。大学に合格すると就職できるだろうか、と心配する。就職すると結婚できるかどうか、と心配する。結婚すると子供ができるか、と心配する。子供ができると無事成長するか、と心配する・・・。

 

このように永遠に心配し続ける人がいます。いつも「心配のタネ」を探している。そして、「心配のタネ」を育てて、大きくしている人までいます。

 

傍目から見ると、わざわざ「心配のタネ」なんて拾わなくてもいいと思います。「心配のタネ」を育てるところまでいくと、理解不能になります。

 

こういう心配ばかりしている人は、心配することが趣味なんだ、心配することが好きなんだ、と思います。趣味の範囲ですから、他人がいろいろ言う必要はありません。

 

同じように、不幸が好きな人もいます。よくわからないけど、いつも不幸な感じがする人がいます。これも、趣味です。

 

どうせ生きるのだったら、幸せに生きた方がいい。幸せに生きるのも趣味です。同じ趣味だったら、人生が楽しくなるようなものを選ぶといいと思います。

 

人間の意思は、自分が本当に考えていることでしょうか。自分で考えていることは少なくて、ほとんどのことは、脳が自動的に条件反射のような感じで考えて判断しているように思います。

 

心配も、脳が勝手にやっていることかもしれません。何か現象が起きた時、脳は、条件反射として、それを幸せだと捉えたり、不幸だと捉えたりしているように思う。どんなことが起きても幸せだ、と脳が感じるプログラムをつくると、いつでも幸せに生きられます。

 

心配になったり、不幸だと思った時には、遠くから第三者の目で、こんな風に自分を眺めてみてもいいかもしれません。

 

脳の中には、私ではない小人がいて、その小人が私の感情を支配している。心配したり、不幸だと思うのは、その小人の仕業であり、私の意思ではない。

 

客観的に自分と俯瞰してみると、自分はどうして、そんな変なこと、つまらないことを考えているのか、と笑ってしまうかもしれません。

 

私たちの脳に生じる感情は、オートマティック(自動的)なものが多いと思います。このオートマチックな脳の習慣を変えると、人生の生き方が変わってくるかもしれません。