睡眠

「春眠暁を覚えず」と言いますが、私の場合は、「冬眠暁を覚えず」です。夏の季節は、朝に畑へ出ることがあるので、比較的早起きです。でも、冬の間は、畑へ出ないので、いつまでも寝ていたりします。夏の睡眠時間は7〜9時間ほど、冬の睡眠時間は9〜10時間ほどです。寝すぎかな〜。

 

平均すれば、7時間〜8時間睡眠の人が多いようです。ナポレオンではないですが、1日に3時間寝ればいい、という人もいます。これは、体質によるものかもしれません。

 

人は、睡眠の長さによって、3つに分類されるそうです。一つ目は、睡眠時間が6時間未満の「ショートスリーパー(短眠者)」(5〜8%)、二つ目は、睡眠時間が9時間以上の「ロングスリーパー(長眠者)」(3〜9%)、三つ目は、睡眠時間が6〜9時間の「バリュアブルスリーパー」(80〜90%)。

 

私は、9時間ほど寝ていますが、ずっと寝ているか、というと、そうではありません。毎晩、夜中に2、3回は起きます。本当に深い睡眠は3時間ほど、そのあとの3時間は中くらいの睡眠で、最後の3時間は浅い睡眠のような気がします。人間にとって本当に必要な睡眠時間は、6時間くらいでもいいのかもしれません。

 

「睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠があり、90分サイクルで1周する」という話があります。この話を信じて、90分の単位で寝ている人もいるかもしれません。

 

しかし、最近の研究によると、睡眠のサイクルには、個人差があるようです。80分の人もいれば、100分の人もいるようです。そして、その日によっても、サイクルの時間が違うらしい。

 

20歳代のころは、目覚まし時計がないと起きられませんでしたが、30歳ころから、目覚まし時計を使わなくても起きられるようになりました。早朝に起きないといけないときには、念のために目覚まし時計をかけますが、いつも、その前に目覚めます。

 

寝る前に、「○時に起きる」と脳の中で設定をしてから寝ます。そうすると、不思議とその時間の前に起きるんですね。

 

のんびり、いつまでも寝ていられるって幸せだと思いながら、冬+春の睡眠を楽しんでいます。