春、暖かいっていい

少しずつ暖かくなってきました。河津桜も我が家の梅の花も、満開を過ぎ、花びらが舞い散っています。花びらがつくりだすジュータンは、とても美しい。

 

春っていい、暖かいっていいと思う。寒いと、体が縮こまって、外へ出ようと思いません。しかし、暖かくなると、どこかへ出かけたい気分になります。

 

冬になると、いつも暖かいところへ旅行します。暖かいところでは、どこへも行かなくても、「暖かい」というそれだけで幸せな気分になります。

 

秋の15度は寒いけど、春の15度は暖かいと思う。同じ気温なのに、こんなに違うか、と思うほどです。

 

暖かさは、人の心を緩めるような気がします。フィジーの人だけでなく、ほかの熱帯に住む人も、そんなにあくせくしていません。こちらの生き方のほうがいいと思う。

 

寒い時期、私は部屋の中に閉じこもっていますが、雪国の人は、閉じこもってばかりいられません。雪が降ると、雪下ろし、雪かきなどをしないといけません。寒いだけでも大変なのに、雪下ろしまでするなんて大変そうに思う。

 

私は東北の出身ですが、実家に帰ろうと思いません。どうしてかと言うと、寒いから。雪はあまり降らないんですけどね。

 

雪が多いところに住んでいる人は、その土地に魅力があるから住んでいるのでしょう。あるいは、生まれた土地だから、家族と一緒だから、という理由で住んでいる人もいるかもしれません。

 

でも、今は、どこに住んでもいい時代です。日本ではなく、外国に住むことだって可能です。将来的には、地球ではなく、違う星に住めるかもしれません。

 

寒いのが嫌な人は、暖かいところへ移住してもいいと思う。このくらいの行動力、フットワークの軽さがあった方が、人生を楽しく生きられそうです。私も、来年からは、もっと暖かいところで過ごしたいと思っています。

 

早く、暖かくなる日が来ないかな。春よ、早く来い!!!明日から、暖かくなりそうですね。