人生はジェットコースター

人生の面白さの一つは、未来がわからないことだと思う。もし、預言者のように、自分の未来、ほかの人の未来、世界の未来がわかったらどうなるでしょうか。

今日はこんなことが起きて、明日はあんなことが起きて、30歳で結婚して、90歳で亡くなる・・・というように未来のことが見通せたら、ものすごくつまらない人生になるに違いありません。

未来を知らない方が面白いのに、不思議と、人間は、自分の未来を知りたがるものです。それで、占いのようなことで、未来を予測しようとしたりします。

私は、未来のことを知りたいと思いません。占いに興味はないし、夢や目標も、あまり持ちません。

今日どんなことが起きようと、明日どんなことが起きようと、どうでもいいことです。何か起きたら、それに対して、たんたんと対処すればいい。未来に対して、不安を感じる必要はありません。

人は、未来がわからないから不安になります。でも、本当は、ちょっと不安があったり、ドキドキ感があった方が楽しいものです。

遊園地に行くと、ジェットコースターに乗る人が多いと思います。怖い乗り物に、わざわざ乗る必要がないのに、人は、ジェットコースターに乗りたがります。

ジェットコースターは、レールに乗っているので安心な乗り物です。しかし、急上昇したり、急降下すると、怖くなります。深層心理としては、安心なものよりも、少し怖いくらいの方が、楽しく感じられるものです。

人生は、ジェットコースターのようなものかもしれません。急上昇したり、急降下したら、両手を挙げて身を任せる。両手を挙げて身を任せても、レールの上を外れることはありません。

不安を多く持っている人は、自分に信頼感を持っていないのかもしれません。自分自身に対して信頼をしていれば、不安なんてなくなります。人生は、信頼感というレールの上に乗っているジェットコースターのように思います。