セールス

私が絶対にできない(できないと思っている)職種は、セールスマンです。ほかの人と話すのが苦手なので、知らない人にセールスして物を売ることはできません。

 

知らない人に会って、商品やサービスを売るのは、ものすごく大変なことだと思います。電話などで、セールスをされることがありますが、快く感じたことはありません。ほとんどは、少し話を聞いて断ります。

 

電話でセールスしている人は、どれくらいの確率で成約できるのでしょうか。セールスをすると、ある程度の成約があると思われます。もし、まったく成約できなかったら、電話でセールスをすることなくなり、セールスをしている会社そのものが消滅してしまうはずです。

 

私も商品を販売していたことがありますが、電話でセールスをしたことは、ありません。セールスと言えるのは、何度かDMを出したことがあるくらいです。

 

私が商品を販売するのだったら、セールスをしなくても、お客様の方から、買いたいと言わせるようなシステムを考えます。商品や価格に魅力があれば、こちらから働きかけなくても、商品は売れるものです。

 

前は、今のようにたくさんの情報が得られない場合もありました。しかし、今は、情報が氾濫していて、誰でも簡単に情報を得ることができます。

 

今の時代に、セールスをするのは、時代遅れのような気がします。それよりも、セールスをしなくても、お客さんが来るシステムをつくった方がいいと思います。こちらの方が、セールスをするよりも簡単で面倒がなく、費用もかかりません。

 

そして、今は、ほとんどの業務を外注することが可能です。上手にシステムをつくれば、何もしなくても、お金が入ってくることも可能です。

 

商品をつくっても、宣伝しなければ広がりませんが、今までのようなセールスではダメな気がします。一番良いのは、セールスをしないセールスかもしれません。