会社を設立してみよう

私は、株式会社の代表取締役社長です。「代表取締役社長」と言うと格好良く思えるかもしれません。しかし、その実態は、事務所なし、電話なし、社員なし、会社の利益なし、私の給料なし。「なしなし」づくしです。(笑)

 

会社の利益がなくても、税理士さんへの支払い(年間数十万円)と税金の納付(年間7万円)があります。(税理士料は、もっと安くしてくれる所があると思います。)このような状況なので、会社継続をする意味がないように思われるかもしれません。

 

どうして会社を継続しているかと言うと、違うビジネスをしたいと思っているからです。ビジネスは、個人事業として始めることができますが、会社組織にした方がいいと思います。

 

ビジネスは、アイデアがあれば、誰でもできます。まとまったお金が必要なこともありますが、一番重要なのはアイデア(ビジネスプラン)です。

 

「お金がないからビジネスができない」と言う人がいますが、それは単なる言い訳、理由付けかもしれません。魅力的なアイデアを持っていたら、出資したい、一緒にビジネスをしたいと思う人が出てくるはずです。

 

ビジネスで一番大切なことは、「情熱」と「変化への対応」かもしれません。情熱を持たず、古いやり方を継続していると、ジリ貧になっていくような気がします。

 

会社設立と言うと、ハードルが高いイメージがあります。しかし、今はそんなにハードルが高くありません。

 

私が株式会社を設立した時は、資本金1000万円必要でしたが、今は1円でも設立できます。誰でも簡単に株式会社を設立することができる時代になりました。

 

どこかへ就職している人でも、会社の一つくらい持っていていいと思います。副業禁止の会社がありますが、そんなものは無視しましょう。(笑)

 

会社を設立したら、自分一人で運営するのも一つの方法です。しかし、社員を雇って経営してみるもの面白い。

 

社長からの視点と従業員からの視点は違います。上の立場からの視点と下の立場からの視点は、全然違うことがあります。一度、社長を経験すると、視点が広くなるような気がします。

 

社員を雇わないでビジネスをすることも可能です。今は、ほとんどの業務をアウトソーシングできる時代です。ビジネスプランだけ考えて、業務をすべてアウトソーシングすると何もしないでお金が入ってきます。こういうビジネスのシミュレーションをするのも楽しい。

 

気軽に会社を設立してビジネスをはじめてみよう。できることなら、若いうちに会社を設立してビジネスをするといい。若いうちに会社設立してビジネスをした人ほど、成功する可能性が高くなります。

 

物怖じしないで、いろいろなことをやってみる人ほど、なんでも上手くいくような気がします。型にはまらないで行動できる人は、人間的にも魅力的であると思う。