心温まる対応

西日本新聞の記事で、心温まる話がありました。原文のまま転載します。

 

☆☆☆☆☆

 

半世紀以上も連れ添った妻に先立たれた、横浜市の知人男性からこんな話を聞いた。男性は葬儀を終えた後、故郷である佐賀県唐津市の寺に納骨するため、羽田空港から空路、九州へと向かった。

 

遺骨を機内に持ち込めることは知っていた。でも入れたバッグがかなり大きく、念のため搭乗手続きの際に中身を伝えた。機内に乗り込み、上の棚にバッグを入れて席に着くと、客室乗務員がやって来てこう言った。「隣の席を空けております。お連れ様はどちらですか?」

 

搭乗手続きで言ったことが機内に伝わっていたのだ。男性が「ああ、上の棚です」と説明すると、乗務員はバッグごと下ろしてシートベルトを締めてくれた。飛行中には「お連れ様の分です」と飲み物も出してくれたという。

 

「最後に2人でいい“旅行”ができた」と男性。その表情を見ていたら、こちらも温かい気持ちになった。 

(鎌田浩二)

=2017/07/13付 西日本新聞朝刊=

 

☆☆☆☆☆

 

客室乗務員の対応は、素晴らしいですね。客室乗務員の個人的な判断で、このような対応をしたのでしょうか。それとも、マニュアルがあるのでしょうか。

 

このような対応は、航空会社のマニュアルに書いてある、という話もあります。それによると、遺影の場合も、同じように対応するらしい。満席の場合は、どのような対応になるのでしょうか?

 

いずれにしても、心温まる対応をしてくれると嬉しいものです。常日頃から、客室乗務員になったつもりで、ほかの方へ温かく接する。一人一人が、このような気持ちであれば、争いは起きないでしょう。