マイワールド

人間には、五感(視覚、嗅覚、聴覚、触覚、味覚)がありますが、この中で、何を失ったら、一番困るでしょうか。私は、視覚ではないかと思います。五感の中で、一番使っているのは視覚ですので、視覚を失ったら、いろいろな楽しみがなくなりそうです。

しかし、意外なことに、視覚を失った人の幸福度を調べてみると、普通に高いのです。視覚を失った人は、視覚以外の五感(嗅覚、聴覚、触覚、味覚)を、普通の人よりも働かせて、その中で、いろいろな楽しみを見出しているのかもしれません。

五感を失った人に関して、いろいろな調査結果があります。五感の中で、触感を失うのは、かなり大変なことのようです。触覚を無くしてしまうと、身体感覚がないため、自分の存在を信じることができず、幽霊のように生きているそうです。

私は、五感に関しては、健常者です。(健常者だと思っています。)しかし、ほかの人と同じように感じているどうかは、わかりません。

例えば、私は視力が弱いのですが、日常生活でメガネをかけません。車を運転するときだけメガネをかけますが、別世界です。普通の人は、こんなにクッキリ見えているんだなと感じます。

私たちは、同じ風景を見ていると思っても、その人によって、見え方が違っているのでしょう。例えば、美術館で絵画を鑑賞しているとします。私が「美しい」と思い、ほかの人も「美しい」と思ったとします。しかし、私の「美しい」とほかの人の「美しい」は、別物かもしれません。

これは、視覚だけではなく、嗅覚、聴覚、触覚、味覚にも言えることだと思います。私は、自分が感じていることは、同じように、ほかの人も感じていると思いがちですが、人それぞれ感じ方が違っているのでしょう。

私たちは、自分とほかの人は、同じ世界に住んでいるように思いがちですが、それぞれのマイワールドだけに存在しているような気がします。宇宙は一つのように見えますが、人の数だけ宇宙があるのかもしれません。