お酒を飲ませると

人の本性を知るには、どうしたらいいでしょうか。簡単に、人の本性がわかる方法があると思っています。それは、どういう方法かと言うと、「お酒を飲ませること」。

 

お酒は、強い人と弱い人がいますが、ちょっと酔わせたくらいではダメです。よい感じに気持ちよくなるくらいに酔わせてみる。

 

気持ちよくなるくらいに酔うと、人は、心のブロックが外れてきます。そうなると、その人の心の内がさらしだされてきます。

 

普段は無口なのに、お酒を飲ませると饒舌になる人、普段は大人しいのに、お酒を飲ませると態度が大きくなる人、・・・いろいろな人がいます。

 

普段の態度とお酒を飲ませたあとの態度が全然違う人がいます。普段は、大人しそうにしているのに、暴れたり、暴言を吐く人がいます。

 

こういう人は、裏表がある人かもしれません。そして、日常的に鬱憤を抱えているのかもしれません。良い意味でとらえれば、自分を上手に表現できない人、と言ってもいいかもしれません。

 

お酒を飲んでも、日常と変わらない人がいます。こういう人は、常に冷静な判断ができるかもしれません。お酒を飲んでも飲まなくても変わらない、という人格が理想的です。

 

ほとんどの人は、お酒を飲むと、よく喋るようになり、歌を歌いたくなったりします。こういうのを見ると、人は、喋るのが好きなんだな、歌うのが好きなんだな、と思います。

 

そして、ほとんどの人は、お酒を飲むと、明るく陽気になります。こういうのを見ると、人間は、本質的には明るい性格なんだと思います。

 

お酒を飲ませると、人の本性が出てきます。お酒を飲むことによって、普段身に着けている「鎧」「殻」が破られて、本性がむき出しになるのでしょう。

 

このような「鎧」を脱がせるためには、お酒を飲ませなくてもできます。鎧を脱がせるために必要なことは、相手をものすごくリラックスさせること、信頼させることだと思います。そうすれば、お酒の力を借りなくても、相手の本性を垣間見ることができそうです。

 

知らない人の性格を知るには、一緒にお酒を飲むといいかもしれません。そうすると、意外な一面が覗けるかもしれません。くれぐれも飲み過ぎないようにね。(笑)