見えている世界は、それぞれ違う

人間が見ることができる可視光線は、380〜780nmの波長を持つ電磁波です。人間の網膜には、赤、緑、青の3色の光受容細胞(錯体細胞)があります。

 

人間は、通常「3色型色覚」を持っていますが、まれに4色の光受容細胞を持つ「4色型色覚」の人がいます。4色型色覚の人は、普通の人には見えない色が見えるのではなく、普通の人が感じとれない色彩の差異を見分けることができ、普通の人の100倍の1億色を見分けることができると言われています。

 

視力が良い人と悪い人がいます。私は、裸眼の視力が0.1くらいです。視力が弱いですが、日常生活では特に不自由がないので、普段は眼鏡やコンタクトレンズをしていません。たまに車を運転するので、その時に眼鏡をかけますが、いつもと見える世界が違う。視力が良い人は、普段から、こんなに鮮明に見ることができるんだな、と思います。

 

色覚異常(色盲、色弱)と呼ばれる人もいます。このような色覚異常の人は、赤系統と緑系統の見分けがつきづらい「先天的赤緑色覚異常」が最も多い。日本では、男性の20人に1人、女性の500人に1人、合わせて300万人以上いると言われています。

 

ほかには、文字に色が見えたり、音に色を感じる「共感覚」を持つ人もいます。

 

人間でも、人によって見え方が全然違っていたりします。人間界と生物界と比べてみると、もっと違います。

 

例えば、昆虫は、複眼を持っていて、3万ものレンズがついています。昆虫の持つ複眼は、人が見ることができない「不可視光」を見ることができます。

 

ミツバチは、青と緑の視細胞に加え、紫外線を感じる視細胞と感光層を持っています。チョウは、赤、青、緑に加えて、紫外線を見ることができる4原色をそなえています。

 

チョウやミツバチは、「偏光」(一定の方向に直進する波長)を見ることができます。太陽の光の位置や角度に現れる偏光を感知することで、コンパスのように使っています。

 

昆虫は、紫外線の中で生きていて、人間は可視光線の世界で生きている、と言ってもいい。

 

人間が見る花の色と昆虫が見る花の色は、まったくの別物です。例えば、人間は黄色の花だと思っても、昆虫には白と赤の花に見える。人間は白い花だと思っても、昆虫には青い花に見えたりしているようです。

 

私たちは、自分が見ている風景を、他人も同じように見ていると思いがちです。でも、私が見ているものと他人が見ているものは、まったくの別物かもしれません。ましてや、ほかの生物は、私とは正反対のものを見ていたり、私に見えないものを見ているのかもしれません。