働いたら負け?

田舎暮らしをしていると、あまりお金を必要としません。お金を使おうと思っても、使うところがありません。二人暮らしですが、1か月に使うお金は、こんな感じです。

 

電気・水道・ガス代 1万円

固定電話、携帯電話、インターネット代 1万円

食費(外食費を含む) 3万円

車の維持費(保険、ガソリン代など) 1万円

計 6万円

 

いつもは質素な生活をしています。(笑)もちろん、他にもいろいろ買ったり、東京へ行ったり、旅行したりしますので、これ以上は使っています。

 

また、上記には住居費がありません。住居費は、持ち家か貸家によっても違いますし、貸家でも、値段がピンキリです。

 

もし、田舎暮らしをして住居費が安ければ、10万円で十分に豊かな生活を送ることができます。子供がいたりすれば、10万円を少し超えるかもしれません。一人暮らしだったら、数万円でも生活できると思います。東京でも、住居費を切り詰めれば、10万円生活も可能でしょう。

 

田舎暮らしをはじめて、少し経った時、10万円くらいで生活していることに気が付きました。これは、私にとって、ちょっとしたエポックメイキング(画期的なこと)でした。

 

それは、10万円という金額は、インターネットで稼ぐことが可能な金額だと思うからです。インターネットの中には、いろいろお金が落ちています。

 

最近は、多くの人が気が付いたため、前よりも、ずっとお金が落ちていないように感じます。しかし、今でも、インターネットで毎月10万円稼ぐのは、無理ではないと思います。機転がきく人だったら、10万円程度は稼いでいるでしょう。

 

今は、インターネットで10万円稼げれば、働かなくても生きていける、自由な時代になったのです。それなのに、あくせく働くのはバカみたい、かもしれません。

 

以前、ニートが「働いたら負け」という発言をして話題になったことがあります。本当に、働いたら負けかもしれません。