結婚相手と年収

結婚式場を展開する会社が、首都圏・関西に在住の20歳〜36歳の男女1400名にアンケートを取りました。その結果、女性が結婚相手に望む年収は以下の通りでした。

 

1位 500万円以上 36.2%

2位 300万円以上 30.0%

3位 好きになったら収入は関係ない 15.1%

4位 700万円以上 13.1%

5位 1000万円以上 4.3%

6位 1500万円以上 1.3%

 

別の調査だと、

 

1位 500〜599万円 19.2%

2位 600〜699万円 17.7%

3位 700〜799万円 15.4%

という結果でした。

 

女性は、結婚相手に対して、年収500万円以上を望む。最低でも年収300万円は必要だ、と考えているようです。

 

今度は、男性の年収を見てみます。20歳代の男性の年収は、以下のような感じです。

 

300万円未満 65.5%

300〜399万円 10.5%

400〜499万円 7.4%

500〜599万円 2.3%

600万円以上 2%

 

次に、30歳代の男性の年収を見てみましょう。

 

300万円未満 45.4%

300〜399万円 15.5%

400〜499万円 13.2%

500〜599万円 7.7%

600万円以上 5.8%

 

女性が結婚相手に求める年収と20歳代、30歳代男性の年収には、かなり差があります。女性が理想とする年収を得ている同年代の男性は、ものすごく少ない。30歳代でも、年収500万円以上の人は、13.5%しかいません。

 

男性は、女性を養えるくらいの器量があった方がいい。しかし、「収入が多ければ幸せな結婚生活が送れますか」と問われれば、「ノー」と言わざるを得ません。結婚生活の良し悪しは、収入だけではありません。

 

結婚生活では、贅沢な暮らしが絶対的に必要、とは言えません。普通に食べられて、普通に暮らして、幸せを感じている人も多いでしょう。

 

収入が多い人と結婚したからといって、幸せになるとは限りません。収入が少ない人と結婚して、幸せに暮らしている人も沢山います。収入と幸せには、私たちが思っているより、相関関係が少ないような気がします。


私が、女性から結婚に関して相談を受けたら、「こんな男性は止めた方がいい」と言う男性がいます。

 

一つ目は、生活費のために女性を働かせようとする男性。女性が仕事をするのは大いに結構ですが、生活費のために女性を働かせてはいけないと思う。

 

もう一つは、暴力を振るう男性。妻だけでなく、他人に対して暴力を振るう人がいるけど、最低な人だなと思う。暴力で他人をねじ伏せようとするのは、人間として、やってはいけない。

 

お金は大事だけど、人生はお金だけじゃないと思う。お金で買えないものは、いっぱいある。もちろん、お金がないと困ることもある。お金も大事、お金じゃないことも大事、どちらも比べられない。でも、結婚相手を決めるにあたって、一番重要なのは、お金よりも人格だと思う。