風邪の効用

いつも、冬になると、風邪をひいて2〜3回くらい寝込みます。今年の冬は風邪をひかないなあと思っていたら、風邪をひいてしまいました。

 

野口晴哉さんの著書『風邪の効用』を読むと、風邪は悪いものではなく、風邪はひいた方がいい、というようなことが書かれています。

 

本当に体力が弱っているとき、ものすごく疲労しているときって、風邪をひけないんですよね。体は、風邪をひきたがっているのに、風邪がひけない。それで、風邪をひいたという話を聞くと、元気で良かった、と思います。

 

風邪をひくと、薬を飲む人がいますが、私は飲みません。寝たくなったら寝ているだけ。食事は、食べたいものを食べるようにしています。

 

風邪は、治ったとき、治りかけが一番大切だという話があります。風邪が治ったとき、治りかけのときは、きちんと静養し養生しないといけません。風邪が治りかけてくると、すぐに活動を再開する人がいますが、ゆっくり休んだ方がいいようです。

 

以下、『風邪の効用』から引用したものです。

 

☆☆☆☆☆

 

癌になる人とか脳溢血になる人とかいうのを丁寧に見ると皆、共通して風邪も引かないという人が多い。 長生きしているしている人を見ると、絶えず風邪を引いたり、 寒くなると急に鼻水が出るというような、いわゆる病み抜いたという人である。

 

風邪をひいただけ体は丈夫になる。ただし風邪を十分に経過せず途中で中断してしまう様な事ばかり繰返していると、体が丈夫にならない。風邪や下痢をは軽い内に何度でもやることが、健康で弾力のある体を新しいまま保つ。

 

健康な体というのは弾力があり伸び縮みに幅がある。風邪を引くと、鈍い体が一応弾力を回復し緊張した疲労箇所が緩む。

 

弾力と大病は関係があり、癌、白血病、肝臓病、脳溢血といった病気は自覚しない内にフッと病気が重くなり、自覚した時は体に弾力がなくなっており、そのときでは間に合わない。

 

大病になる人は共通して風邪も引かないという人が多い。風邪を引くと、鈍い体が一応弾力を恢復する。

 

風邪というものは、治療するのではなくて経過するものでなくてはならない。自然のままの体であるようにするのでなければ、本当の意味の治療とは言えない。

 

天然の体をできるだけ天然に保だなくなら、いろいろな治療行為より、風邪を上手に引き、上手に経過するということの方が意義がある。早く直そうと思って無駄あがきをするとかえって長引きます。

 

☆☆☆☆☆

 

風邪をひくのは、良いことのようです。そだね〜。