黒白二鼠の喩え

『仏説譬喩経』というお経に「黒白二鼠の喩え」という話があります。考えさせられる例え話だと思ったので、紹介します。

 

☆☆☆☆

 

旅人が荒野を歩いていると、突然、猛獣に襲われました。旅人は、慌てふためきましたが何とか逃げ出し、ちょうどそこにあった空井戸に駆け寄りました。そして、その口から垂れていた一本の藤づるにつかまり下に降りていきました。やがて猛獣が追いつき、井戸の中をのぞいて激しく吠えましたが、降りることはできません。

 

旅人はやれやれと安心したものの、ふと底を見ると恐ろしい毒をもった龍が大きな口を開けていました。驚いて途中で止まり、まわりの崖に足をかけようとしましたが、そこにもまた毒蛇がいて今にも襲いかかろうとしていました。

 

旅人はますます恐れおののき、今はもうこの藤づるだけが命の綱だと、懸命にそれにしがみつきぶら下がりました。ところが今度は、井戸の口の所に黒と白の二匹の鼠が出てきて、かわるがわるそのつるの根をかみ始めたのです。

 

旅人は、これは大変だと、しきりにつるを揺さぶりましたが、つるが揺れるに連れて、たまたま根元にあった蜂の巣から数滴の蜂蜜がこぼれ落ち、偶然にも旅人の口の中に入りました。その蜜は何ともいえないおいしい味でした。

 

それから旅人は眼前に迫っている自らの置かれた恐ろしい現実をすっかり忘れて、ただ落ちてくる蜂蜜をもっとたくさん口に入れようとしきりにもがき始めた。

 

☆☆☆☆☆

 

旅人は、人生の旅をしている人間のことです。猛獣は、時間の流れ、無常のことです。井戸の底の龍は、死の影のことです。藤つるは、寿命のことです。黒と白の鼠は、昼と夜のことです。蜂蜜は、食欲、色欲、睡眠欲、名誉欲、財欲という日常的な欲望(五欲)、煩悩のことです。

 

どんな謹厳実直な方も、欲望、煩悩の風が吹くと、我を忘れて欲望に身を任せてしまう。さまざまな欲望ほど、身を滅ぼすものはない。心して身と生活を律しなさい、という譬え話です。

 

トルストイも、『懺悔』の中で、この比喩を使って考察しています。トルストイは、80歳の時、何もかも投げ捨てて家出をします。以下の文章を読んでもわかるとおり、トルストイは、人生について深く思案していたのでしょう。

 

☆☆☆☆☆

 

古い東洋の寓話の中に、草原で怒り狂う猛獣に襲われた旅人のことが語られている。 猛獣から逃れて、旅人は水の涸れた古井戸の中へ逃げ込んだ。が、彼はその井戸の底に、彼をひとのみにしようと思って大きな口をあけている一ぴきの竜を発見した。

 

そこでこの不幸な旅人は、怒り狂う猛獣に一命を奪われたくなかったので、外へ這い出ることもできず、そうかと言って、竜に食われたくもなかったので、底へ降りて行くこともできず、仕方がなくて、中途のすき間に生えている野生の灌木の枝につかまって、そこにかろうじて身を支えた。

 

が、彼の手は弱って来た。で彼は、井戸の上下に自分を待っている滅亡に、まもなく身をゆだねなければならないことを感知した。 それでも彼はつかまっていた。

 

とそこへさらに、黒と白との二ひきの鼠がちょろちょろとやって来て、彼のぶらさがっている灌木の幹の周囲をまわりながらこれをかじりはじめたのである。もうじき灌木はかみ切られて、彼は竜の口へ落ちてしまうに違いない。旅人はそれを見た。そして自分の滅亡が避け難いものであるのを知った。

 

が、しかも彼は、そこへぶら下がっているそのわずかな間に、自分の周囲を見まわして、灌木の葉に蜜のついているのを見いだすと、いきなりそれを舌に受けて、ぴちゃりぴちゃりと嘗めるのである。

 

──私もまたこの旅人のように、私を牙にかけようと思って待ち構えている死の竜の避け難いことを知りながら、生の小枝に掴まっているのだ。そして私は、何でそんな苦悩の中へ落ち入ったかを知らないのだ。私もまたいままで自分を慰めてくれた蜜を嘗めてみる。

 

──が、その蜜はもうこの私を喜ばせてくれない。そして白と黒との二ひきの鼠は、日夜の別なく、私のつかまっている生の小枝をがりがりと齧る。私はまざまざと竜の姿をまのあたり見ている。だから蜜ももう私には甘くないのである。

 

私の見るのはただ一つ、──避け難い竜と鼠だけである、──そして私は彼らから目をそらすことができないのだ。これは決して単なる作り話ではない。まさしくこれは真実の、論じ合う余地のない、全ての人が知っている真理なのだ。


竜に対する恐怖をまぎらせていた生の喜びといういままでの欺瞞は、もはや私を欺くことができなかった。お前は人生の意義をさとることができないのだ、考えずにただ生きよ、とどれほど自分にいってみても、私はそれをあえてすることができない。過去においてあまりにも久しくそれをくり返して来たからである。

 

今や私は、たえず私を死の方へ引きずりながら駆けて行く日々夜々を見ずにはいられない。私はこれのみを見つめている、なぜなら、これのみが唯一の真理で、その他のすべてはみな欺瞞だからである。


他のなにものよりも長いことこの残酷な真理から私の瞳をそらさせていた、二滴の蜜──家族に対する愛と、私が芸術と名づけている著作に対する愛──さえも、もはや私には甘くないのである。『家族か、──こう私は自分に言うのだった。──しかし、家族、つまり妻や子供達も、やはり人間である。彼らもやはり私と同じ条件の下にあるのだ。

 

したがって彼らもまた、偽りの中に生きて行くか、さもなければ恐ろしい真理を見なければならないのだ。一体なぜ彼らは生きなければならないのか?またこの私は何のために彼らを愛し、いたわり、はぐくみ育て、保護してやらなければならないのだろう?私の内部に渦巻いているこの絶望に導くためか、あるいはまた痴呆状態に導くためか?私は彼らを愛しながら、彼らにこの真理を隠すことはできない。

 

──したがって、彼らの内部に目覚めてくる自覚の一歩々々が、彼らをこの真理へと導いて行くのである。そしてその真理とは、すなわち──死!』
(『懺悔』トルストイ著)