「群畜」「奴隷」から「貴族」へ、そして「超人」に

私は、哲学に詳しくありません。たまに哲学に関する本を読みますが、あまり理解できません。(笑)

 

今、『寝ながら学べる構造主義』(内田樹著)を読んでいます。その中に、ニーチェに関する話があり興味深く感じました。ニーチェも、「人間は自分で考えていない」というようなことを言っていたみたいです。

 

少し抜粋して、私なりに編集してみました。著者やニーチェの真意とは異なる箇所もあるかもしれません。

 

群畜、奴隷から貴族へ、そして超人になろう。

 

☆☆☆☆☆☆

 

ニーチェは、人間の思考が自由でないこと、人間はほとんどの場合、ある外在的な規範の「奴隷」に過ぎないことを、激烈な口調で叫び続けました。

 

私たちにとって自明と思えることは、ある時代や地域に固有の「偏見」に他ならない、ということをニーチェほど激しく批判した人はおそらく空前絶後でしょう。

 

ニーチェの基本的な立場は、次の言葉に集約されています。

 

―われわれはいつもわれわれ自身にとって必然的に赤の他人なのだ。われわれはわれわれ自身を理解しない。


われわれはわれわれ自身を取り違えざるを得ない。われわれに対しては「各人は各自に最も遠い者である」という格言が永遠に当てはまる。


われわれに対して、われわれは決して「認識者」ではないのだ。―(『道徳の系譜』)

 

ニーチェによれば、「大衆社会」とは成員たちが「群」をなしていて、もっぱら「隣の人と同じようにふるまう」ことを最優先的に配慮するようにして成り立つ社会のことです。群がある方向に向かうと、批判も懐疑もなしで、全員が雪崩打つように同じ方向に殺到するのが大衆社会の特徴です。

 

ニーチェは、このような非主体的な群衆を「畜群」と名付けました。畜群の行動準則はただ一つ、「他の人と同じようにふるまう」ことです。

 

誰かが特殊であること、卓越していることを群畜は嫌います。群畜の理想は「みんな同じ」です。それが「群畜道徳」となります。ニーチェが批判したのは、この群畜道徳です。

 

群畜の関心は、いかにして「均質的な群」を維持するか、ということしかありません。そのためには、とにかく成員全員が隣人と同じ判断をし、同じ行動をすることが必要です。畜群では、全員一致すること、それ自体が「目的」となります。ここに倒錯的な群畜道徳が誕生します。

 

なぜ「倒錯的」かと言うと、群畜においては、ある行為が道徳的であるか否かについての判断は、その行為に内在する価値によってでも、その行為が当人にもたらす利益によってでもなく、単に「他の人と同じかどうか」を基準に決されるからです。

 

現代人は、「みんな同じ」であること、それ自体のうちに「幸福」と「快楽」を見出すようになりました。

 

相互参照的に隣人を模倣し、集団全体が限りなく均質的になることに深い喜びを感じる人間たちを、ニーチェは「奴隷」と名付けました。

 

ニーチェの道徳論のきわだった特徴は、このみすぼらしい大衆社会から抜け出す唯一の方策として、「奴隷」の対極に「貴族」を救世の英雄として描き出したことです。

 

「貴族」とは大衆社会のすべての欠陥からまったく自由で無垢で気高い存在です。人類の未来を託するに足る唯一の存在です。

 

「奴隷」が相互模倣の虜囚であるとすれば、「貴族」は自分の外側にいかなる参照項も持たない自立者です。「外界を必要としないもの」「行動を起こすために外的刺激を必要としないもの」、それが「貴族」です。「貴族」とは、何よりも無垢に、直接的に、自然発生的に、彼自身の「内部」からこみ上げてくる衝動に完全に身を任せる者のことです。

 

この「貴族」を極限までつきつめた者が「超人」です。「超人」とは、「人間を超えたポジション」のことです。

 

しかし、具体的に「超人」とは、いったい誰のことを指し、また、どうすれば「超人」になれるのか、それについてニーチェはあまり具体的な指示はしてくれません。

 

―わたしはあなたがたに超人を教える。人間とは乗りこえられるべきものである。あなたがたは人間を乗りこえるために何をしたか。(略)人間にとって猿とは何か。哄笑の種、または苦痛に満ちた恥辱である。超人にとって人間とはまさにこういうものであらねばならない―(『ツァラトゥストラ』)

 

ニーチェは「超人」とは「何であるか」ではなく、「何でないか」しか書いていません。

 

どうやらそれは具体的な存在者ではなく、「人間の超克」という運動性そのもののことのようです。「超人」とは、「人間を超える何もの」かであるというよりは、畜群的存在者=「奴隷」であることを苦痛に感じ、恥じ入る感受性、その状態から抜け出ようとする意志のことのように思われます。